ウエディングを挙げる前にしないといけない準備の手順を解説します

教会

日本の伝統的なスタイルで

女性

和婚とは日本の伝統的なスタイルで挙げる結婚式のことで、主に神社や寺院で挙げることができます。少し前までは野暮ったいと思われていた和婚ですが、衣装のデザインやヘアスタイルを現代風にアレンジすることで若い人たちに可愛らしいと思われるようになっています。神社や寺院で和婚を挙げる場合、付添人は基本的に親類だけになります。現在は親しい友人も付添人として認められるようになりましたが、神社や寺院によって断られるケースもあるので事前に確認が必要です。和婚を得意とするプランニング会社があるので、そこに頼むと神社や寺院で結婚式を挙げる段取りをつけてくれますし、その後に両家での食事会も準備してくれます。会社によってプランの内容が違うので、いろいろな会社と比較して自分たちに合った会社を見つけることが大切です。また会社によって用意できる衣装が異なるので、どういう衣装が用意されるか事前にチェックしておきます。和婚の場合、通常の結婚式に比べ新郎が行う儀式が多くなります。新郎の頼もしさを見るチャンスでもありますが、結婚式までにきちんと練習しておくことが必要になります。また結婚式を挙げた神社や寺院は、二人の家庭にとって縁が深いものになるので、子どもが生まれたら御礼参りをしたり、子どもが育ったら七五三をしたりと付き合いが長くなります。和婚を挙げられる神社や寺院は多いですが、そこで祀られている神様で選ぶというのも1つの方法です。