ウエディングを挙げる前にしないといけない準備の手順を解説します

教会

まずはスタイルを決める

着物

和婚、すなわち和風の結婚式をするのに、京都はぴったりの場所です。由緒ある神社仏閣が数多くあり、日本庭園や老舗の料亭もあります。さらには街並みに至るまで日本の伝統が色濃く残っており、和婚に必要な要素は全て揃うのです。どこで何をしても和の要素が取り入れられると言ってもいいでしょう。ですから、京都で和婚を考えるなら、「どこで、何をしたいのか」を明確にすることが大切です。神社で神前式なのか、お寺で仏前式なのか、あるいは人前婚や祝言スタイルで行うのかといった点です。「この神社で挙式したい」という強い希望がある場合は、直接問い合わせるか、その神社と提携しているブライダル業者を探すと良いでしょう。京都には和婚にふさわしい会場や必要なものは豊富にあるので、まず希望を優先しても、その中でさらに条件で絞り込むだけの選択肢の余裕があります。また、和の要素を取り入れるためのハードルが低く、特別に何かをしなくても質の高い和婚が叶います。これは、他の場所ではなかなか得られないメリットです。また、その他にも、結婚式という特別なイベントならではのメリットもあります。普段はなかなか入れない、いわゆる「一見さんお断り」というような敷居の高い老舗も、業者によっては提携していて利用することも可能なのです。せっかくの機会として、そうしたお店でお式や披露宴を行うのも良い思い出になります。京都で和婚をするなら、一生に一度の機会を最大限に利用して、やりたいことを叶えましょう。